• ログイン
  • 新規ユーザー登録

2017/02/01

  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+

もしものケガの備えに、J-FUT保険。j-futsalとフィナンシャル・エージェンシーによるオリジナルサービスが開始!

2017年2月1日より、j-futsalは新サービス「J-FUT保険」を開始しました。j-futsal会員の皆様は保険料を払うことなくご加入いただける、無料のオリジナルサービスをご提供いたします!

このプログラムをj-futsalとともに作り上げたのは、「保険をデジタルで革新する」を戦略的ビジョンに掲げる株式会社フィナンシャル・エージェンシー。今回は営業企画部に所属する國方雄佑さんから、提携の経緯、J-FUT保険の特長についてお伺いしました。

フットサル人口の増加に注目

株式会社フィナンシャル・エージェンシーは、IT技術を駆使した保険料の低廉化を推し進め、保険の流通革命を起こしている会社であると、國方さんは言います。

「従来の対面販売だけでなく、急速に発展するデジタルインフラに順応した形でオリジナルサービスを開発し、運営を行っております。保険の代理店業、コンタクトセンターの運営等を通して保険の流通を効率化しています。」

20170201_1

「j-futsalとのご縁は、JFAの人伝手でご紹介をいただいたのがきっかけです。弊社が会員基盤を持つ企業に対してサービスロイヤリティを高める商品をご提供しているなかで、多くの会員基盤を持つj-futsalは魅力的に映りました。フットサル人口は2002年の日韓W杯をきっかけとして増加し、いまでは年間数百万人がフットサルを楽しんでいると伺っています。私個人としてもフットサルを週末に楽しむプレーヤーですし、スポーツはそもそもケガが付き物であることも肌感覚としてあり、関心や市場は大きいと感じました。」

万が一のケガによる入院に備える会員様限定の「保険」

そんなフィナンシャル・エージェンシーとのタッグで生まれたJ-FUT保険とは、どのような保険なのでしょうか。

「J-FUT保険は、フットサルをはじめ様々な運動中に万が一ケガをして入院した際、j-futsal会員であれば、条件を満たした場合に入院一時金を受け取ることができるものです。j-futsal会員はj-futsalのwebサイトから簡単にご加入の手続きを完了させることができます。」

「どなたでもまったく運動をしないということはないはずですので、向き不向きなくどの方にも適したサービスであると思います。フットサルをプレーすればするほどケガのリスクは高まるので、そんな方々へのお守りになるはずです。」

20170201_2

日頃忙しいけれどフットサルをやりたい人へ、行ってほしい備え

國方さん自身も、会社のフットサル部を立ち上げて活動をしている現役のフットサルプレーヤーです。エンジョイ志向ではありますが、プレーするなかで骨折など大きなケガはどうしても生まれてしまっている、と言います。

「日頃仕事で忙しく定期的に運動ができていないけれど、それでもフットサルをプレーしたい。そんな方々が大半だと思いますが、そういう方々にこそケガが付き物です。自分も、もっと若かったらケガをしなかっただろうな、というプレーで骨折してしまった苦い経験があります。ケガをすると思わぬ出費も発生してしまうので、その備えとしてJ-FUT保険を活用してほしいです。J-FUT保険は保険料を支払うことなくご加入できますが、これを通して皆様に、生涯を通してフットサルを楽しむには何かあった時の備えが必要だ、という気づきや大切さを感じてもらえるといいなと思います。」

j-futsalはJ-FUT保険を通して、皆様が生涯に渡ってフットサルをエンジョイできる環境を作っていきます。詳細はこちらをご覧ください。

20170201_3