• ログイン
  • 新規ユーザー登録

2017/09/14

  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+

フットサルがはじめての人にこそ、ゴールを決める楽しさが味わってもらいたい! ビギワンの目指す「日本で一番レベルの低いフットサル大会」とは?

ビギワンとはBEGINNERS-1(ビギナーズ・ワン)の略称です。つまりサッカーやフットサルの初心者を対象としたフットサルのワンデー(1日完結型)大会のこと。代表の長嶋良太さんは「日本で一番レベルの低いフットサル大会を目指しています!」と宣言します。

「ビギワンを立ち上げたきっかけは、僕が学生時代にフットサルコートでアルバイトをしたり、そのあともサッカーやフットサルのイベントに関わる仕事をやったりしていた頃のことでした。当時、思っていたのは、もっと初心者に特化した大会があってもいいのではないだろうか。そう思って、この大会をつくったのです。」(ビギワン・長嶋良太さん)

20170914_1

この長嶋さんの思いは2012年にかたちになります。ビギワンは「日本で一番レベルの低いフットサル大会を目指す!」として、インターネットで開催告知をスタート。8月に第1回大会が開催され、月4回のペースで週末の土曜日か日曜日に大会が行われるようになりました。

「最初の頃は、どうしても周知が行き届かず、なかなか参加チームも集まりませんでした。それでも参加してくれたチームの方が『はじめて試合に勝つことができました!』とうれしそうに話してくれたときは、こちらも本当にうれしかったですね。」(ビギワン・長嶋良太さん)

初心者が楽しむための、しっかりとしたレベル分け

ビギワンの特徴は参加者のレベルによる3つのクラス分けにあります。もっともレベルの低い“ビギワンプレミア”から、真ん中のレベルに“ビギワン”があり、その上に“ビギツー”という3つのレベルになっています。初参加のチームがエントリーされるのは、一番上のレベルにあたる“ビギツー”クラスの大会です。その理由を長嶋さんはこのように説明します。

「まず一番レベルの高いビギツーの大会を体験してもらうことで、そのチームがどのくらいのレベルにあるかを知ることができるからです。ここでレベルが適していれば、次もビギツーの大会にエントリーしてもらっています。ビギツーではレベルが高すぎるとスタッフが判断した場合、その下のビギワンにエントリーしてもらいます。さらにビギワンの大会でもレベルが高いと感じるようであれば、超初級レベルのビギワンプレミアへの出場も可能です。」(ビギワン・長嶋良太さん)

20170914_2ビギワンの長嶋良太さん(左)井塚匡宣さん(右)

こうしたレベル分けは、いわゆる勝敗による降格や昇格を決めるためではありません。初心者が楽しめる大会を実現するために、チームの実力を均等にしておく必要があるからなのです。そのため、もっとも下のビギワンプレミア大会に参加しているチームも、やがて試合に慣れてきてレベルが上がってくると、次はビギワンの大会へのエントリーを勧められることになります。

「あとは卒業もあります。チームが強くなってしまったときなどは、次のエントリーはお断りすることがあります。チームのメンバーの方からは、引き続き出場したいとのリクエストをもらうこともありますし、僕らとしてもせっかく知り合ったのに心苦しいのですが、やはり、そこはビギワンの趣旨である『日本で一番レベルの低いフットサル大会を目指す』とかけ離れてしまいますので、きちんとしなければならないと思っています。」(ビギワン・長嶋良太さん)

ビギワンの全ての大会は、1チーム最低4試合が保障されています。試合時間は6分か7分ハーフの前後半で行われます(一部異なる大会もある)。「前後半を設けることで、試合の流れを変える効果をつくりたかった」のだと長嶋さんは言います。

「7名ぐらいのメンバーで参加されるチームが多いようですね。年齢層は30代が一番多いです。会社の仲間や学生時代の友達と参加されているようです。あとは珍しいケースですが、60代のおじいちゃん、息子さん、そしてお孫さんという家族三世代のチームにも参加してもらったんですよ。」(ビギワン・長嶋良太さん)

会社の仲間や同窓生が集まるきっかけに!

取材当日の8月27日(土)は、午前中に墨田区総合体育館でビギワンの大会が行われました。参加チームのひとつ「kappania」も同じ会社で働く仲間でつくったチームなのだとか。

「僕らは素人なので、ネットでレベルの低い大会を探していてビギワンをみつけました。実際に参加してみて、やっぱりゴールを決めたときは楽しいですよね。僕らはそんなにうまくありませんが、みんな同じようなレベルのチームが集まっているので、ちょうどいい感じですよ。」(kappania・小澤夏太郎さん)

いまから2年ぐらい前にフットサルの練習をはじめてからは、2か月に一回のペースでビギワンに参加。今回で6回目の参加になると小澤さんは教えてくれました。

さらに、もうひとチーム「NIDU」も会社の同僚が交流を兼ねてフットサルを楽しんでいるといいます。

「私は今回が初参加なのですが、チームとしては2回目になります。前回参加したときの話を聞いて、自分も参加してみようと思いました。実際に参加してみると、もう体が動かなくて、ちょっと走っただけできついですね(笑)。でも次回もぜひ参加してみたいです。ほかのフットサル大会には出たことがないのですが、この大会は(レベルも)ちょうどいい感じです。」(NIDU・佐藤光さん)

そして、集合写真の撮影に応じてくれたのは「STADIO AT」のみなさんです。全員が兵庫県出身で中学校と高校の同級生が集まってできたチームです。

20170914_3兵庫県出身の同級生同士で参加したという『STADIO AT』の皆さん

「毎月が同窓会みたいな感じですね。もうビギワンに参加して3年目になります。年間6、7回のペースでエントリーしていますから、けっこう常連ですよね。運動不足の解消が目的だったのですが、むしろ、みんな年をとって、どんどん太って動けなくなっています(笑)。でも、やっぱり楽しいですよ。」(STADIO AT・藤岡和人さん)

最近は、家族連れで参加するチームも多くなってきたことから、今後はフットサルだけではなく、子どもも楽しめるゲームも盛り込み、フットサルをプレーしない人たちも含めて、来場者全員が楽しめる大会にしていきたいとビギワンの長嶋さんは言います。

「はじめてのフットサルでつまらない思いをして帰ってもらいたくありません。『またフットサルをやりたい!』と思ってリピーターになってくれる。そうやってフットサルのプレーヤーを増やしたいですね。とにかく初心者に楽しんでもらいたいんです。」(ビギワン・長嶋良太さん)

この日は、全ての試合がお昼には終わりました。参加者から、このあとは食事会や「少し時間は早いけれど、冷たいビールが待っています!」、そんな楽しそうな声が聞かれました。フットサルがあるから仲間と集まるきっかけができる。初心者が気兼ねなく参加することのできる『日本一レベルの低いフットサル大会』はそんな役割も担っているのです。

banner