• ログイン
  • 新規ユーザー登録

2019/03/14

  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+

2018/2019 JFAエンジョイ5~JFAフットサルエンジョイ大会~U-11・U-23カテゴリーファイナルステージ開催!!

0314_1

「2018/2019 JFAエンジョイ5~JFAフットサルエンジョイ大会~」は、「すべての人にフットサルの楽しさを届けたい。」という想いのもと、エンジョイ志向フットサルプレーヤーを対象として日本サッカー協会が開催する全国大会です。

3月10日(日)にU-11カテゴリー、U-23カテゴリーのファイナルステージが先日の全日本フットサル選手権で優勝を果たした名古屋オーシャンズの本拠地である武田テバオーシャンアリーナにて開催されました。

全国で開催されたファーストステージ(施設予選)、セカンドステージ(地域予選)を勝ち抜いた各カテゴリー8チームの計16チームが集い、9:20より開会式が行われました。

ファイナルステージは4チームごとのリーグ戦を行い、各リーグの上位2チームがノックアウトステージに駒を進めることができます。

リーグ戦から始まったファイナルステージ。どのチームも大変レベルが高く、点差がつかない試合が多く、会場は熱気に包まれました。参加選手だけでなく、選手のご家族やチーム関係者が日本全国から集まり、応援の迫力も凄く、声援に後押しされた選手たちがピッチで躍動します。

決勝戦は、U-11カテゴリーではBRINCAR FCが序盤に2点を取ってゲームを優位に進め、後半相手のパワープレーを受けるも、冷静に対応し最後はパスカットからダメ押しとなる追加点を奪い、MESSE大阪を3-1で破りました。U-23カテゴリーは、サントスサッカーショップとMAJESTAが本日一番の好ゲームを展開。一進一退の攻防を繰り広げ、後半相手の一瞬のスキを突いてミドルシュートをゴールネットに突き刺したサントスサッカーショップが先制点を守り切り、優勝しました。

0314_2

優勝したどちらのチームも地元の東海地区代表で、多くの仲間が選手たちに声援を送っている姿が印象的でした。

3月31日(日)には、こちらも毎年大白熱のO-35カテゴリー、ミックスカテゴリーのファイナルステージを開催致します。当日は入場無料です。ファイナルステージに出場する選手だけでなく、みなさんもフットサルの楽しさを、仲間とともにプレーする喜びを、そしてゴールを共有する感動と興奮を体感できると思いますので、ぜひ会場にお越しください。

>>大会要項はこちら

優勝チーム代表者コメント

BRINCAR FC 宮川陸斗 選手(U-11カテゴリー)
この大会に向けて、チーム全体で仕掛け方や縦パスを入れてからの3人目の動きを練習してきました。その成果が優勝という結果に繋がりとても嬉しいです。個人として来年は6年生になるので、1対1の局面で強さを発揮し、ゴールネットを多く揺らす選手になる事を目標に取り組みたいと思ってます。チーム全体としては今日の試合で出た課題点をみんなで共有し、来年のバーモンドカップに向けて日々練習に取り組んでいきたいです。

サントスサッカーショップ 内堀恒太 選手(U-23カテゴリー)
今日はケガ人もいて、メンバー全員が揃わない中での試合となりましたが結果を求めて大会に臨みました。どのチームもとてもレベルが高く、全ての試合が1点差で決着するという内容でしたが、優勝する事が出来てチームの自信になりました。今後もゴレイロとしてしっかりと練習に取り組み、常に無失点で試合を締められるようチームに貢献したいと思います。チームとしては来シーズンから東海2部リーグで戦うことになるので、全員で高い意識を持ち、1つでも上の順位を目指して頑張りたいと思います。

0314_3